愛と祈り いわさきグループ     〜互助会・ご結婚・ご葬儀・お仏壇〜
コラム

 
鎌倉街道物語

【その六】新田義貞「駒繋ぎの松」
にったよしさだこまつなぎのまつ
 狭山市立図書館北隣にある徳林寺を挟んで街道の西側にある八幡神社はその頃、神を迎える場と言われ、境内にはその際に義貞が愛馬を繋いだ松「駒繋ぎの松」が残されています。
 新田義貞滞陣の跡と伝えられる場所は、義貞砦跡・入間川御所など幾つか説がありますが定かではありません。いずれにしても、この地が室町時代に北武蔵と南武蔵の中間地点であり、軍事経済の拠点であったことを物語っています。
 「古道を歩く」鎌倉街道歴史探訪1 埼玉県教育委員会より