愛と祈り いわさきグループ     〜互助会・ご結婚・ご葬儀・お仏壇〜
「い・つ・も」のご法要
ご法要までのスケジュール
忌明け法要の準備と手配   四十九日(または三十五日)の忌明け法要は、遺族にとって最初の大きな法事です。
 
仏教では、故人が亡くなられた命日から四十九日の忌明け法要の日までを中陰と呼び、この期間に営まれる法要を忌中法要と言います。中陰の間は、亡くなった人が次の世に生まれ変わるまでの時期に当たり、四十九日を経過してやっと死後の行き場所が決まるとされています。初七日からはじまって七日ごとに法要を営み、故人のために追善供養を行うのですが、近年では七日ごとの法要は省略されることが多いようです。
 忌明け法要では、お世話になった方を招いて共に法要を営み、その後、宴席を設け、引き続きのご愛顧をたまわるようお願いします。原則的には命日から四十九日目に行いますが、最近では三十五日または四十九日直前の日曜日や祭日などに営むことが増えてきています。
 忌明け法要は、僧侶の読経、参列者の焼香、お墓参り(納骨する場合は納骨式)の流れでとり行い、その後に会食するのが一般的です。また、参列者には帰りに引き物をお渡しします。
 法要がすんだら忌明け挨拶状を出します。
 
死亡日を
加えた日数
7日目
14日目
21日目
28日目
35日目
42日目
49日目
100日目
呼 称

初七日
二七日
三七日
四七日
五七日
六七日
七七日
百か日
呼 称

しょなのか
ふたなのか
みなのか
よつなのか
いつなのか
むつなのか
しちしちひ
ひゃっかにち
死亡日を
加えた日数
満1年
満2年
満6年
満12年
満16年
満22年
満32年
満36年
満49年
満99年
呼 称

一周忌
三回忌
七回忌
十三回忌
十七回忌
二十三回忌
三十三回忌
三十七回忌
五十回忌
百回忌

●2〜3か月前
・早めに菩提寺へご法事をお願いし、日取りや時間を決めます。
・会場に申し込みます。
・お招きする方を決めます。
・日時や場所などを明記したお使い状を準備します。

●1か月前
・お招きする方の都合もありますので、遅くとも1か月前にはお使い状をお送りしましょう。また、出欠を知らせる返信用のはがきも同封します。
・お料理やお飲物、お引物など、ご法宴の内容についての打合せをお願いいたします。会場に遺影をお持ちになる時は、担当までお申し出下さい。

●2〜3週間前
・席順を検討し、席順表を作ります。

●10日前
・最終の打合せをお願いいたします。
・席順表をご記入の上、お持ちください。
※人数の変更は3日前までとさせていただきます。

●3日前
・最終の確認をさせていただきます。

●当日
・菩提寺へのお布施と供花、お墓への供花、線香、ろうそくなどをご準備ください。
●施主のあいさつ

●お寺様の読経
参列者一同厳粛に、正座して拝聴します。
宗派によって違いますが、およそ20〜30分続きます。

●焼香
お寺様の合図で、施主を初めとして、故人と血縁の近い順又は席順などにより焼香していきます。

●お寺様の法話
焼香・読経が終わると、お寺様の法話が始まります。

●お墓参り
施主は、参会者に法要の終了のあいさつをして、後にお墓参りと会食を予定している場合はその案内のあいさつをします。お墓参りは、参会者一同お墓へ参詣して卒塔婆を立て、墓前供養をします。お寺様に同行してもらった場合は、読経していただいている間に、焼香をします。

●会食
会食は1〜2時間くらいの時間を要します。施主はころあいをみて一人ひとりに礼を述べながら引き出物を手渡します。
 お寺様への謝礼は「御布施」又は「御礼」と上書きし、読経後にお渡しします。金額については、特に基準はありませんが、法要の規模やお寺、お寺様の人数によって異なります。お寺様に、霊園や自宅に出向いてもらった場合は、送迎してもしなくても「御車代」を包みます。
自宅で宴席を設けた場合、お寺様にもついてもらいますが、都合で出席しない場合、あるいは招かない場合にも「御膳料」を包むのが礼儀です。
 仏教では身内に不幸があった場合、亡くなってから四十九日までを「忌中」、一周忌までを「喪中」といいます。
 神式なら死後五十日目に行われる「五十日祭」をもって忌明けとなり喪中については仏教と同じく一年間とれています。
 忌明け法要を終えたら、後飾り壇を撤去します。それまで用いていた白木の位牌に替えて本位牌を仏壇に納めます。本位牌の準備には1週間程度かかりますので、早めに手配しておきましょう。それまで用いていた白木の位牌は寺院に納めます。(浄土真宗では仏壇に位牌をおかないので不要です。)